TOP > 加工 > 円型フライス

円形フライスアウト

旋盤仕上げ円板

円形フライスアウト

残留応力低減材の選定が可能

アルジェイド®-Ⅱ・アルハイス®-Ⅲなど、丸棒では対応できない残留応力低減材の選定が可能です。

丸棒切断では対応できない寸法対応が可能

丸棒規格がない外径寸法(公差±0.2~0.3)のご指定が可能です。
丸棒では切断対応できない、板厚t3~t10の供給が可能です。

自動円板加工専用機 DAC-500

自動円板加工専用機 DAC-500


■加工範囲

板厚 外径寸法
t3~t80 φ200~φ500

■公差表

板厚 外径寸法 公差
t3~t30 φ200~φ500 ±0.2
t32~t80 φ200~φ500 ±0.3

■加工工程

  • ①板材をセット

  • ②八角形に切断

  • ③旋盤加工

  • ④完成